樹と木と道『ゆらゆら漂流記』…まわり道のすすめ…

~心と身体のつながりを大切に~
「心地よさ」と「健康美」を探求し、各地に流れ着く 寅さん人生『ゆらゆら漂流記』

昨年までのストレス・フルな生活から一転、最近は日常にあるものが全て癒しとなることを実感し感謝する日々。
本来のバランス感覚と柔軟な感性を強みにシンプルに良い!と、日々の暮らしのなかで、
心がトキメク瞬間を『ヒーリング漂流記』として書き留めることにしました。

何気なく心に浮かぶこと、他愛のない日常のひとコマを綴りながら、
過去から現在・未来へと繋がる空間や感覚を大切にしたいところです。

秋色を求めて…

雲海を抜け

伯耆富士(Mt.Daisen )へと向かう


いままで麓から眺めたり
裾野を通りぬけていたり


癒してくれたり
元気にしてくれていた山


今日は山頂を目指すことに

秋色に包まれていく山間を抜け


雨続きの時季にも
お天気が味方してくれるなか


山頂へ一歩一歩🐾


雲の彼方に四国を眺望
弥山山頂(標高1709.4m)登頂


こういう瞬間はたまらなく
全身鳥肌で感じ
目が離せない


この先【㊟立ち入り禁止】に最高峰 剣ヶ峰(標高1729m)を眺める


ヒーリングをはじめてから


以前にも増して


お天気には恵まれる



たとえ週間予報での雨マーク表示も


前日、当日には曇りへと変わりつつ
その場の気まぐれで
お天道様も出てらっしゃる☀


陽ざしと風…が絶妙で
雲やエネルギーが吹き上げてくる

日本海に弓ヶ浜から宍道湖・中海


やはり、
自分にとって


馴染みのある山
愛着のある土地


ず~っと眺めていたい景色
そんな山がしっくりと心地よい☘


それでも、
ちょっと疲れたりした時には


今が旬、

ダイセンキャラボク(イチイ)の花言葉 ~悲哀・高尚~


8合目付近で身体と心を癒してくれる♡

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。