樹と木と道『ゆらゆら漂流記』…まわり道のすすめ…

~心と身体のつながりを大切に~
「心地よさ」と「健康美」を探求し、各地に流れ着く 寅さん人生『ゆらゆら漂流記』

昨年までのストレス・フルな生活から一転、最近は日常にあるものが全て癒しとなることを実感し感謝する日々。
本来のバランス感覚と柔軟な感性を強みにシンプルに良い!と、日々の暮らしのなかで、
心がトキメク瞬間を『ヒーリング漂流記』として書き留めることにしました。

何気なく心に浮かぶこと、他愛のない日常のひとコマを綴りながら、
過去から現在・未来へと繋がる空間や感覚を大切にしたいところです。

flow…「光」を求めて

…小豆島にたどり着く

ヒマワリの花言葉 その② ~光輝~


瀬戸内の島と海、
映画、写真、永瀬氏の独特の世界が広がる


トークイベントにて


映画の撮影前に数ヶ月間、

視覚障害の疑似体験ゴーグルを

使用して生活をされていた時の


感覚についての感想を

お話され


その、実直な

ストイックさと優しさに触れる


河瀬監督 ✖ 永瀬氏 の映画「」より  ~flow~






...
街では視覚障害者の安全歩行のため
音声信号機や、点字ブロックがある


視覚を使わないで街へ出ると、
前後ろ横からの騒めき


特に背後からの音は響いてくる、
周囲30センチほどの至近での響きは、
方向感覚がなくなる、怖い




ローライフレックス 「シュナイダー」 ~二眼レフの王さま~ カメラ仙人好みの逸品


役柄の
カメラマンとして「光を失う」
という心の動きに寄り添いたい気持ち



家の中で、
目を閉じて日常の動作をしてみる、


何気なく歩く道のり、
信号や点字ブロックの感覚、
駅のホームや、階段、段差に
少し意識をしてみる


*白杖SOS
視聴覚障がい者が、白杖を持って上に揚げている時は、
周囲に助けを求めているサイン。


~瀬戸の夕暮れ~


与えられた感覚に感謝


視覚や聴覚、
感覚の有り難さを身体で浴びる瞬間


周りに目を向け
視野を、心を、
広げていきたい☘

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。