樹と木と道『ゆらゆら漂流記』…まわり道のすすめ…

~心と身体のつながりを大切に~
「心地よさ」と「健康美」を探求し、各地に流れ着く 寅さん人生『ゆらゆら漂流記』

昨年までのストレス・フルな生活から一転、最近は日常にあるものが全て癒しとなることを実感し感謝する日々。
本来のバランス感覚と柔軟な感性を強みにシンプルに良い!と、日々の暮らしのなかで、
心がトキメク瞬間を『ヒーリング漂流記』として書き留めることにしました。

何気なく心に浮かぶこと、他愛のない日常のひとコマを綴りながら、
過去から現在・未来へと繋がる空間や感覚を大切にしたいところです。

慢性五月病に

5月のくちぐせ

タイムの花言葉① ~勇気・活気~


癒しのハーブ
地面に蔓延るタイムの群れ


また近寄ってじっくり眺めると
一粒の花弁が集合して
一つの花の房ができていて


どの個も緩みがない
たまに眠り込んでいる
のんびり屋さんもいるけれど


全身でタイムの花を作り出す


可愛らしさに夢中で
踏まないように息をひそめて
端のほうからシャッターをおす瞬間


タイム花言葉②~清潔感~


その後から
…普通に何もないかのように
花の説明をしながら、
タイムの花の上を我が道と
歩いてくる母の姿…


ブッタが歩いて通った後を
蓮が花を開く神々しい姿を
一見連想させそうな光景
とは、わけが違う・・・


普段のことでまったく動じない姿に
ショックを受ける( ;∀;)も、確かに…普通はそうだ
我に返り、様子を見に行く


タイム花言葉③~あなたの姿に感動する~


踏まれても元気なタイムたち


花も折れていないうえに
さらに逞しくみえてしまう


甘やかせすぎないで
しなやかなボディは大切


ヒョウタンボク(瓢箪木)の花言葉~忍耐~



昨年までの私は
長年にわたり慢性的に*五月病かとおもうくらい

なにをしてもスッキリしない、すぐ消耗して
いつまでも春もやに取り囲まれているような感覚


1年前に私の中で不意に何かが変わりはじめ
先の目標が現実味を帯び、
自分で選ぶ働き方、
生活の仕方になってからは無縁になってきた


5月は温かくなり
ちょうど新生活に慣れてきて
やる気と現実に挟まれる時季


先に目を向けても
道に迷いそうだったり
靄がかかっている時は


遠目に上ばかり眺めないで
視線を変えて
足元を見つめてみるのも
気付きがあるかもしれませんね


☀素敵な夏に向けて☀



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。