樹と木と道『ゆらゆら漂流記』…まわり道のすすめ…

~心と身体のつながりを大切に~
「心地よさ」と「健康美」を探求し、各地に流れ着く 寅さん人生『ゆらゆら漂流記』

昨年までのストレス・フルな生活から一転、最近は日常にあるものが全て癒しとなることを実感し感謝する日々。
本来のバランス感覚と柔軟な感性を強みにシンプルに良い!と、日々の暮らしのなかで、
心がトキメク瞬間を『ヒーリング漂流記』として書き留めることにしました。

何気なく心に浮かぶこと、他愛のない日常のひとコマを綴りながら、
過去から現在・未来へと繋がる空間や感覚を大切にしたいところです。

ノスタルジア

夕日に染まる暖簾

きれいなブルーの暖簾が新鮮に映る
いつの間に新しく変わったのか記憶にない


去年の夏から我が家の風呂のように夕方になると入りに来る
土壁を通り抜けて、通るごとにタイムスリップしてしまう
わくわくの瞬間


よくいう哀愁風景まさに
その奥にある「ゆ」♨をくぐれば♨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
幼すぎる私、祖父と一緒に男湯に入れられる、
深くて足がとどかない湯船、
お湯が熱くて蛇口の水にしがみついた記憶
勢いよく赤・青カランから出てくる水と熱湯、
番台に座る先代おばあちゃん、蘇る記憶


塗りなおされた壁を眺めながら
もう怖くない湯船で
足をのばして浮いている
まったりタイムスリップのひととき 
自然と~ぷふぁ~がでる

薪で炊いたお湯は柔らかく、寒い冬でも
足先から かけ湯をして腰までゆっくり
肩までつかり5分もつかれば
芯までほっこり温もる


サウナはなくとも、
シャワーがなくとも(一応、現在は設置)
日本人は湯船ひとつで上手く温まることを
知っているはず


時間になるとご近所の方々が集まり団らんが始まる
津山で最後の一件「武蔵湯」


見せかけではない、リアルレトロな温もりが
旧道に残っていてほしいですね♨ 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。