樹と木と道『ゆらゆら漂流記』…まわり道のすすめ…

~心と身体のつながりを大切に~
「心地よさ」と「健康美」を探求し、各地に流れ着く 寅さん人生『ゆらゆら漂流記』

昨年までのストレス・フルな生活から一転、最近は日常にあるものが全て癒しとなることを実感し感謝する日々。
本来のバランス感覚と柔軟な感性を強みにシンプルに良い!と、日々の暮らしのなかで、
心がトキメク瞬間を『ヒーリング漂流記』として書き留めることにしました。

何気なく心に浮かぶこと、他愛のない日常のひとコマを綴りながら、
過去から現在・未来へと繋がる空間や感覚を大切にしたいところです。

村を癒し、癒される

100歳を優に超える

桜の花言葉~精神美~


がいせん桜


日露戦争の終戦のころ
兵士の凱旋を記念し植えられ


100歳を優に超える桜の樹々


土台に見る
年齢を重ねた味わいと


それを感じさせない
可憐に咲き誇る桜の花


100年を超える時の流れのなかで
見守り、見守られ


時代をこえて繋がる

水の流れ、水の音、



出雲街道の宿場町として、
凱旋した兵士の故郷として、


桜の花言葉~わすれないで~




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。